日本ビザの申請から発給までの流れ

ビザ申請のご案内

ビザの申請は代理申請機関で
2007年7月30日以降、一部の例外を除いて、ビザの申請は在フィリピン日本大使館の指定した代理申請機関を通じて行うことになりました。

●日本総領事館承認の代理機関
レリ・ツアーズ・アンド・トラベル社は、在フィリピン日本国総領事館から、日本国への入国ビザ申請の取り扱いを正式に承認された代理申請機関です。
それぞれのビザの代理申請を承ります。

●代理申請受け付けは5つの本支店と宅配便で!
日本国入国ビザの受付は、

ホテル・デュシット(マカティ市)
SM・モール・オブ・アジア支店(パサイ市)
SM・メガ・モール支店(マンダルーヨン市)
SM・サウスモール支店(ラス・ピーニャス市)
アンテル・シービュー支店(パサイ市)
ラッキー・チャイナタウン・ビノンド支店(マニラ市ビノンド)
のマニラ首都圏内の5店、及び宅配便で行っています。
遠方にお住まいの方は、宅配便をご利用ください。
*各本支店の詳細は、各ページ下の本支店の写真をクリックしてください。

申請書類のお預かり
申請書類はビザの種類によって異なりますので、下の表を参考に書類を揃えてください。
当社の本支店の担当者が、全ての書類を点検させていただきます。
書類が不足している場合は、その旨を申請者の方にお伝えいたします。
この場合、コンサルテーション・フィーとして500ペソを賜ります。
コンサルテーション・フィーの500ペソは申請手数料に充当します。
全ての書類が整っている場合のみ、申請書類をお預かりいたします。
その際に手数料、ビザ費用をお預かりいたします。

日本大使館への申請
お預かりしました申請書類を点検後、日本大使館にて申請いたします。
審査にはおよそ1週間(実働日数で7日~10日)要します。
新型コロナウイルスの感染により、大使館業務が縮小されています。
査証申請の審査には通常時よりも時間がかかっています。

大使館より追加書類の提出、或いは面接を求められる場合がありますのでご承知ください。
その場合は、申請されました支店の担当者がご連絡いたします。

パスポートのご返却
大使館での審査終了後、ビザの発給、不可の結果に関わらず、申請者の方にパスポートのみが返却されます。
それまでの間、ビザの発給、不可の結果についてお答えはできません。
書類をお預かりしました当社の本支店にパスポートが戻りますと、申請者の方にご連絡をいたします。
書類をお預かりした際にお渡ししました領収書を必ずご持参の上、ご来店ください。
申請者の方以外の代理人さんがパスポートの引き取りをされる場合、
申請者の方がサインした委任状(コピー、スマフォの画像などは不可)と代理人さんの有効なIDをご用意ください。
申請者ご本人、或いは委任状が無い場合は、パスポートをお返しすることはできません。

*ビザが発給されなかった場合、大使館よりその理由についての説明はありません。
従いまして、申請者の方、或いは保証人さん、招へい人さんのご質問に対してもお答えすることはできません。
大使館におきましても、その説明はしない旨がホームページに記載されています。
また、6か月間は同じ状況下でのビザの申請はできません。

ビザが発給されるまでは、航空券やホテル等の予約はなさらないでください。
ビザが発給されない、或いは時間がかかる場合があります。

日本ビザの一覧

短期滞在
  ビザの種類 滞在期間 手数料 ビザ
料金
合計
観光ビザ
日本在住の保証人や招へい人無しで、航空券、ホテル料金などをご自身で負担して旅行をする際のビザです。
90日まで 950 --- 950
親族訪問ビザ
(日本在住の三親等以内の親族を訪問するビザ)
日本在住の配偶者、親、子、兄弟姉妹、伯父伯母(叔父叔母)、甥、姪、三親等以内の親族を訪ねるためのビザです。
90日まで 2000 --- 2000
知人、友人、親戚(四親等以上)を訪問するビザ
日本在住のお友だち、お知り合い、或いは従兄弟(従姉妹)、三親等以上離れた親族を訪ねるビザです。
90日まで 2000 --- 2000
商用を目的とした短期ビザ
日本の親会社、姉妹会社、取引先などでの商談、打ち合わせ、会議などに参加するためのビザです。非実務研修を目的としたビザです。
90日まで 1200 --- 1200
会議への出席を目的としたビザ
セミナーな国際会議など出席するためのビザです。
90日まで 1200 --- 1200
在日米兵親族、知人を訪問するビザ
日本国内にあるアメリカ軍キャンプに勤務する家族、親族、友人などを訪問するためのビザです。
90日まで 2000 --- 2000
フィリピン在住の日本人の配偶者、又は子に対する短期滞在ビザ
フィリピンに長期滞在している日本人が、その配偶者、或いは実子を伴って日本へ一時帰国するためのビザです。
90日まで 1200 --- 1200
通過ビザ
第三国へ行くために一時、日本に滞在するビザです。
日本在住のご家族、お友だちを訪ねる場合には、それぞれの目的に応じたビザになります。
_ 1200 --- 1200
長期滞在
在留資格認定証明書のある場合
予め、日本の入国管理局で在留資格認定証明書を取得して、その後、フィリピンのマニラ大使館でビザ申請を行います。
*** 1200 1350 2550
外交/公用        
外交または公用資格で滞在する外国人の個人的使用人        
医療滞在        
フィリピン在留日系人        
日本人との間の実子を同伴して渡航する日本人親 事前に大使館にてご相談してください。
再入国許可
再入国許可の延長手続き 1年まで 1200 1350 2550
新型コロナウイルス感染症の影響により出国中に再入国許可の有効期間が満了した永住者        
数次ビザ
数次有効短期滞在ビザ(一般向け) 90日まで      
数次有効短期滞在ビザ(商用・文化人・知識人) 90日まで      

----  : フィリピンパスポート所有者: 短期滞在査証の発給費用は無料です。
※1: インド人の場合は50ペソ、それ以外のパスポート所有者の場合は300ペソ
※2: インド人の場合は350ペソ、それ以外のパスポート保有者の場合1350ペソ、。

◆ビザ申請の手数料、ビザ料金のお支払いは現金にて承ります。(料金の単位はペソ)
◆上記料金は2022年4月1日より適用されます。

 

遠方にお住まいの方は宅配便をご利用ください