商用を目的とした短期ビザ

  • 日本に所在する親会社、姉妹会社、及び取引先での商談、業務打ち合わせ、会議への出席、非実務研修などを目的に訪日するビザ
  • 活動内容に実務研修を含む場合は、滞在期間にかかわらず在留資格認定証明書が必要になります。

*(※)の用紙はここでダウンロードできます。
“ビザ申請に必要な書類についてのご注意” も必ずお読みください。

 参考:申請に必要な書類


  • ビザ申請の際に提出する書類のサイズはA4サイズ限定です。
    A4 以外のサイズの書類は、縮小、或いは拡大して複写し、原本と一緒に提出してください。
  • 改訂された申請書とサイズの写真(45×35mm)を提出してください。
    ビザ申請書が改訂されました。ビザ申請の際には改訂された書式の申請書、写真(45×35mm)を使用してください。
  • 書類を作成する際、消えるボールペンは使用しないでください。
  • 日本から提出する書類は発行から3か月以内の原本(一部で写しも可)に限ります。
  • 銀行の残高証明を提出する際、「十分な金額」についてのお問い合わせが度々あります。
    大使館からのガイドラインは提示されていませんので、明確に金額をお答えすることはできません。
  • ビザが発給される前に、航空券やホテルなどの予約はなさらないでください。
    ビザが発給されない場合、審査に時間がかかる場合があります。
    航空券、ホテルの予約に支障が生じた場合、当社では責任を負いません。

【提出書類】

1:フィリピン・パスポート

  • ラミネートの剥がれているもの
    署名のされていないもの
    余白が2ページ以上ないもの
    写真が剥がれているものは受付できません。
    フィリピンの法律により、6か月以上の有効期間が残っていない場合は出国できません。

2:ビザ申請書(※)

  • A-4サイズ(210×297mm)
    各欄への記入は、英文で記載してください。
    該当がない場合は“NON”、或いは“N/A”と記入してください。
    申請書に申請日、申請者のサイン、未記入箇所がありますと申請できません。
    申請年月日については、申請書をRELI TOURS AND TRAVEL社に提出した年月日を記入してください。

3:申請用写真 1枚

  • サイズは4.5×3.5cm、上半身無帽、背景は白に限ります。
    6か月以内に撮影されたもので、カラーでも、白黒でも構いません。
    写真の裏面に氏名(フルネーム)と生年月日を記載してください。
    デジタルカメラで写真など、規格に合わない場合は、申請が受理されませんのでご注意ください。
    申請書の所定欄に糊づけ(写真の裏面全面に糊付け)してください。

4:所属先からの出張命令書、派遣状、これに準ずる書類

5:在職証明書

  • *自営業の場合は、会社名登録票の写し

<<日本側で用意する書類>>
6:招へい理由書(※)

  • 個人が招へいする場合は、在職証明書

7:滞在予定表 (※)

  • *日本への入国日、出国日、滞在先名、住所、電話番号、滞在中の予定を日ごとに記載してください。

8:法人登記簿謄本(発行から1年以内のもの、写しも可)

  • 会社四季報(最新版の)当該ページの写し
    会社案内書、パンフレット
    会社/団体概要説明書 (※)
    のいずれか1点

9:在留中の活動を明らかにする資料

  • 商用の場合=会社間の取引契約書、取引品資料、会議資料など
  • 会議出席の場合=国際会議、セミナー等に関するパンフレット等
  • 非実務研修の場合=受け入れ会社/団体からの研修受入承諾書、及び研修契約書
    研修を目的とする場合、研修の内容のわかる次のような資料を提出してください。
    ・研修を受ける必要性、及び研修方法・内容
    ・研修実施場所、日程及び期間、研修責任者、使用言語

《日本側の招へい元が旅費、滞在費の一部、または全部を負担する場合》
10:身元保証書(※)

《申請人が費用を負担する場合》

  • 預金残高証明書
    納税証明書(BIR指定様式2316.写し可)

《フィリピンに永住、駐在等の長期滞在査証を有して滞在する外国人の査証申請》
11:
上記提出書類(申請者の出生証明書を除く)に加え、フィリピン政府発行の外国人登録証明書の写し

※フィリピンに短期滞在している外国人は申請できません。
申請者が居住する地域、または、パスポートを交付した国を管轄する日本大使館、総領事館で申請してください。

 

費  用 |申請手数料 P1200 |ビザ申請料 --- |合 計 P1200